• 080-2751-3190
ご予約・お問い合わせ

国立公園・慶良間諸島
でダイビング!

日本が世界に誇る慶良間諸島!

photo

沖縄の海は日本が世界に誇れる最高の海です。その中でも1ランク上をいくのがこの慶良間諸島。国立公園にも指定させております。

慶良間諸島とは前島・黒島・儀志布島・渡嘉敷島・座間味島・阿嘉島・久場島・安室島・慶留間島・外地島・屋嘉比島などの島々の集合体です。数多くのダイビングポイントがありますので海況や風向きなどを考慮して、その日のベストなポイントでダイビングを開催致します。

慶良間諸島のダイビングポイントはどこで潜っても透明度は最高♪通常のコンディションでは30mオーバーの透明度も期待できます♪大物狙って潮の流れにのるドリフトダイビングも最高です(^^♪
※季節や風向きによって潜れるポイントが異なりますので、1年中慶良間の海を満喫することができます♪

コース料金
3ダイブ 20,000円
特別キャンペーン実施中! フルレンタル無料♪

ガイド料・乗船代・タンク代・ウエイトシステム・保険料・
那覇市内宿泊先送迎・消費税込み
冬場はボートコート・フードベスト無料貸出

スケジュール

  • STEP01

    ご予約・お問合せ

    ご予約のお申込みをされる前にホームページで慶良間諸島でのファンダイビングの流れやタイムスケジュール、料金やご注意事項の確認をお願い致します。わからないことがありましたらお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

    お問い合わせフォーム

    お問い合わせ

  • STEP02

    宿泊先へお迎えに上がります

    宿泊先によって多少前後いますが「07:20」頃を目安にお迎えにあがります。水着着用のうえ、時間厳守で宿泊先の出入り口付近までお越しください。直接港に向かいますので昼食を忘れずにご持参下さい。道中コンビニに寄りたい方は対応可能ですが、集合時間を早めますので事前連絡をお願い致します。

    photo

  • STEP03

    港到着。現地集合も可能です

    記入して頂いた必要書類の確認をします。その後ダイビング器材セットやウエットスーツを着用して頂きます。レンタル器材の方はこちら準備を行いますが、器材をご持参される方は自己管理でお願いしております。準備ができ次第、乗船の案内をさせて頂きます。

    photo

  • STEP04

    慶良間に向かって出港!

    当日の海況・ポイントにもよりますが、50~60分程で慶良間諸島に到着します。午前中に2か所のポイントでダイビングを行います。2ダイブ終了後は船上でお昼休憩です。午後からはもう1か所のポイントでダイビングをして那覇へ戻ります。合計3か所のポイントで遊んだ後那覇へ帰港しますのでので、2ダイブで終えられた方は船上でお待ち頂くことになります。お昼休憩中はスノーケリングをして遊んで頂くことも可能です。その際はスタッフまでお声かけ下さい。
    ※天候や海況により船が揺れることが予想されます。船酔いの心配がある方は酔い止めの服用をお勧めしております。

    photo

  • STEP05

    お疲れ様でした!

    ダイビングクルーザーにはシャワー施設やお着換えができるスペースが完備されていますのでご利用下さい。お着換えが終了後、那覇へ向かって移動します。当日の海況やポイントによって多少前後ありますが、帰港時刻は15:00頃の予定です。帰港後は港の待合所でログ付けを行い、終わり次第宿泊先までお送り致します。精算は現金またはPAYPAY決済が可能です。

    photo

参加条件
オープンウォーターダイバー以上
当日必要なもの
  • ・ダイビングライセンスカード・ログブック・水着・着替え
  • ・タオル・サンダル・昼食・飲み物・酔い止め(推奨)
推奨ダイビングライセンス

慶良間諸島ダイビングポイント

慶良間諸島には初心者ダイバーさんから上級ダイバーさんまでレベルやダイビングスタイルに合わせて楽しめるダイビングポイントが複数にあります。このページでは慶良間諸島でのダイビングがはじめての方のために島ごとのポイントはいくつかピックアップしております。
※ポイントは当日の海況などを考慮して船長と相談して決定されます。

前島・黒島周辺

  • 大丸・パライソ

    初級~(ドリフトも可能)
    前島周辺の代表的なダイビングポイント。
    綺麗な透明度・綺麗なサンゴ礁・綺麗なお魚・綺麗な砂地・可愛いウミガメさんがいる究極の癒しポイント!
    那覇から40分程で到着するポイントなので、コンディションが良ければ1本目で利用されることもあります。
  • 黒島周辺

    初級~(ドリフト可能)
    黒島北:慶良間諸島を代表する人気ポイント。奇跡が起こる可能性があるポイントなので慶良間好きのダイバーは皆大好きなポイントの1つです。高確率でホワイトチップシャークに会えます。流れがいい時はバラクーダ・ロウニンアジ・イソマグロなど。激レアではありますが、ジンベイザメやマンタ、イルカも出るポイントです。 ドリフトダイビングでは棚上や離れ根(ツインロック)のお花畑にはハナダイ系やスズメダイ系の綺麗なお魚がたくさん群れている場所に行くことも出来ます。
    黒島西:そのままですが、黒島の西側です。ドーナツ岩と呼ばれている根があり、一周回って遊べます。マンタの時期になるとドリフトダイビングでよく利用されるポイントの1つです。カマスの群れ・ロウニンなどに遭遇できることも。
    黒島南:強いて言えば地形ポイントです。浅場はサンゴがあり、可能性は高くありませんが、ウミガメに出会えることもあります。流れがある時は大物も出るのでドリフト中は油断しないようにしましょう。運がよければナポレオン、ロウニンアジ、ギンガメアジ、イソマグロなど。黒島西と同じくマンタの通り道、ホバリングする場所もあります。
  • ウチザン礁

    中級~(ドリフトダイビング)
    慶良間を代表する人気のドリフトダイビングポイントです。 メインの根はとても魚影が非常に濃く、水族館にるような状態です。 流れているときは高確率で大物に会える可能性があります。 夏前や秋頃はマンタのクリーニングポイントになります。

渡嘉敷周辺

  • カメキチ

    初級~(ドリフトほぼなし)
    渡嘉敷島の北側と儀志布島の間のダイビングポイントです。 ここでは絶滅危惧種のタイマイとアオウミガメの2種類のウミガメに出会える可能性があります。 確率でいうとタイマイが8割です。また慶良間諸島で出会えるクマノミの5種類がここにいます。 この周辺は少し場所がずれるだけでポイント名が異なります。 カメパラダイス・タマナファーム・カメキチ・サンドトライアングル・カミグウ・タマルルなど。ざっくりいうとカメポイントでまとめられています。 夏場の2ダイブ目によく利用されるポイントです。
  • 野崎

    初級~(ドリフト可能)
    アオウミガメと言えば野崎。サンゴ礁もとても綺麗でカラフルなお魚がたくさんついております。ここも究極の癒しポイントです。 野崎の南エリアにはアオウミガメのクリーニングポイントがありますので、高確率で出会えることがあります。 ここでドリフトダイビングをしてウミガメに会えない時は逆に幸運の持ち主です・・・笑
  • 自津留

    中級~(ドリフトダイビング)
    慶良間を代表するドリフトポイント。 先端の深場はとても潮当たりが良く大物遭遇率も上がります。 ドリフト時は沖は大物、浅場は綺麗なサンゴとカラフルな魚が群れています。 メインの根「通称割れ岩」には数種類の魚が群れが付いており、その沖にはテングカワハギやバラフエダイが群れております。 少しアカヤの方に進むとハナゴイの群れが綺麗な場所もあります。 激レアシリーズですが、トラフザメやカジキ、ホエールと出会えることも。

座間味島周辺

  • 唐馬浜

    初級~(ドリフトほぼなし)
    座間味島の南側にある砂地が綺麗なポイントです。 北風が強い冬場はダイバーで大賑わいになります。 チンアナゴが密集している場所があり、カクレクマノミもいます。 サンゴにはデバスズダイがついていて出たり、入ったりする光景がとても綺麗です。 時期によってはカエルアンコウやハダカハオコゼもいます。 運がよければミナミハコフグの幼魚やヤッコエイ、稀にウミガメもいます。 映画で有名になったドリーちゃん(ナンヨウハギ)にも出会えます。 唐馬浜には唐馬NO.1・唐馬NO.2・ドラゴンレディ・灯台下・大曾根などがあります。
  • 知志

    初級~(ドリフトほぼなし)
    座間味島の北側のポイントで慶良間諸島の中では珍しい地形ポイントです。 水深も浅いのでオープンウォーターダイバーでも遊べる貴重な地形ポイントです。 洞窟やクレバスなどがあり、地形好きの方にはお勧めのポイントです。 たまにナポレオンやホワイトチップシャークが紛れ込んでいることもあります。 このポイントの近くには、6番岬・7番岬・ウチャカシ・由比ガ浜などがあります。
  • 男岩

    中級~(ドリフトダイビング)
    座間味島周辺のドリフトポイントと言えばここ!潮当たりがとても強く大物に出会えることがあります。 大潮の時は流れがとても強いです。時期によっては無数のキビナゴがおり、大物がアタックするシーンがみれることもあります。 北側の棚の上はキンギョハナダイやカスミチョウチョウオが無数に群れており、とても綺麗です。ナポレオンが隠れていることも! 南側にはハナヒゲウツボがいる場所があります。沖出しする時にはバラフエダイや運よければバラクーダ、ホワイトチップに会えることもあります。

阿嘉島・久場島周辺

  • シークレットケーブ

    初級~(ドリフトほぼなし)
    阿嘉島の南側にある地形ポイントです。複数のトンネル、洞窟やクレバスがあります。地形好きには最高のポイントです。浅場はサンゴがとても綺麗。 那覇からでは約80分程かかるので、連日北風が続いてポイントが被った時にいく激レナポイントです。 このポイントの近くにはタートルベイ・あごのまがいがあります。
  • キャニオン

    中級~(ドリフトはほぼなし)
    久場島の南側にある慶良間のトップクラスの地形ポイントです。というか1番クオリティだと思います。名前の通りグランドキャニオンのような地形が水中に沈んでいるような感じです。
  • 紺瀬

    中級~(ドリフト可能)
    久場島の南西側にあるポイント。ゴツゴツとした巨大な岩があり、潮の当たりがいい時は回遊魚に出会える可能性があるポイントです。 根の間の水路にはロウニンアジが泳いでいることもあります。