• 080-2751-3190
ご予約・お問い合わせ

辺戸岬FUNダイビング

沖縄本島最北端のダイビングポイント

photo

沖縄本島最北端にある辺戸岬にあるダイビングポイント。ドロップオフの地形になっており、オールドリフトでダイビングを満喫することができます。辺戸岬といえばやっぱり辺戸ドーム!陸からは入ることができないのでダイバーしか行くことが出来ない鍾乳洞です。沖縄本島全域と沖縄の離島を含めてもトップレベルの地形ポイントがここにあります。回遊魚との遭遇率もあり、タイミングが合えばマンタ・ジンベイ・ニタリなどの大物が出現することも!地形派、ドリフト派ダイバーにお勧めです♪

コース料金
2ダイブ 21,000円
追加ダイビング 7,000円

ガイド料・乗船代・タンク代・ウエイトシステム・保険料・
那覇市内宿泊先送迎・消費税込み
冬場はボートコート・フードベスト無料貸出

スケジュール

  • STEP01

    ご予約・お問合せ

    ご予約のお申込みをされる前にホームページで辺戸岬でのファンダイビングの流れやタイムスケジュール、料金やご注意事項の確認をお願い致します。わからないことがありましたらお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。

    お問い合わせフォーム

    お問い合わせ

  • STEP02

    宿泊先へお迎えに上がります

    宿泊先によって多少前後いますが「06:00」頃を目安にお迎えにあがります。水着着用のうえ、時間厳守で宿泊先の出入り口付近までお越しください。道中コンビニやパーキングエリアに寄ることは可能です。

    photo

  • STEP03

    港到着。現地集合も可能です

    辺戸岬は沖縄本島の最北端です。高速道路を利用して2時間程度はかかります。到着後ダイビング器材セットやウエットスーツを着用して頂きます。レンタル器材の方はこちら準備を行いますが、器材をご持参される方は自己管理でお願いしております。準備ができ次第、準備完了後ブリーフィングをおこないます。

    photo

  • STEP04

    最北端辺戸岬のダイビングポイントへ!

    辺戸岬のダイビングポイントは港から近く5分~15分程で到着します。エントリー方法はバックロールでダイビングスタイルはドリフトダイビングになります。水面集合してから潜行・上級者の場合は即潜行で水中集合になります。1ダイブ終了するごとに港に戻るスタイルです。2ダイブ目は辺戸メインの辺戸ドームになります。

    photo

  • STEP05

    お疲れ様でした!

    片付けや着替えが済み次第、道の駅または食堂で昼食休憩。その後はログ付け、精算が済み次第宿泊先までお送り致します。精算は現金またはPAYPAY決済が可能です。交通状況にもよりますが、那覇市内に戻るまで2時間~2時間半程かかります。※漁港ですので、シャワー室や更衣室などがございません。海水を流せる程度の真水をご用意してお持ち致します。

    photo

開催条件
最低出航人数の4名様以上
※乗合船のため他店の人数を含めて4名様以上で開催可能となります。
参加条件
  • アドバンスドオープンウォーターダイバー以上
  • ・ダイブログ50本以上でエアー持ちがいい方
  • ・スタッフのサポートなしで安全管理がしっかりできる方
  • ・スムーズなエントリー・エキジット・フリー潜行・浮力コントロールができる方
  • ※ご新規様で参加を希望される方は前日にチェックダイブをクリアして頂くことが条件となります。
当日必要なもの
  • ・ダイビング器材【レンタル可能】 水中ライト Cカード ログブック 水着 着替え タオル 昼食代
推奨ダイビングライセンス

ダイビングポイントの紹介

沖縄本島最北端・辺戸岬

  • 茅打バンタ

    難易度:中級以上 ドロップオフの地形ポイントです。 底が見えないぐらい深いところまで行けてしまうので、深度にはご注意を。 深場には人気のアケボノハゼがいっぱいいるエリアがあります。 ウミウシも付きやすく、珍しいハナダイ系もおり、沖は回遊魚が見れる可能性もあります。
  • 辺戸ドーム

    難易度:中級以上 沖縄本島では1番と言っていいぐらい最高の地形ポイントです。水中鍾乳洞を進んで行くと水面に浮上できる広いスペースがあります。ここドームみたいになっているので辺戸ドームと言われています。ここは陸からは行けないので、ダイバーしか入ることのでないパワースポットです。鍾乳洞の壁に珍しいコウロギいますので、興味のある方は探してみましょう! 当店のFacebookに動画もアップしております。
  • 二神岩

    難易度:中級以上 地形ドリフト好きには最高のポイントです。 メインの二神岩を水底から見上げるととても迫力があります。 ウミウシもいたり、アオウミガメもいたり、回遊魚にも会えたりと辺戸岬〆のダイビングでよく使われるポイントです。