ダイビング用語集

    
    
    
    
    
    
    
      
    


体験ダイビング【たいけんだいびんぐ】

ライセンスカード(Cカード)を持っていない人が気軽にダイビングを体験することができるコース。最大水深は12mまで潜れることができる。

ダイコン【だいこん】

ダイビングコンピューターの略。

タイドプール【たいどぷーる】

干潮時に姿をあらわす水溜まり。

ダイビングコンピューター【だいびんぐこんぴゅーたー】

水中で現在の水深・潜水時間・最大水深・減圧不要限界・浮上速度やダイビング後に飛行機搭乗禁止時間などを教えてくれたり、記録してくれるもの。特に減圧不要限界はダイビングコンピューターがないとダイブテーブルを使用するしかありませんが、非常に面倒です。腕時計タイプが一般的ですが、ゲージに付いているタイプもあります。無くてもダイビングはできますが、安全に潜る為には必須アイテムだといえるでしょう。『ダイコン』と省略。

ダイビングスポット【だいびんぐすぽっと】

ダイビングする地域。例えば沖縄本島・慶良間・パラオなど。ただダイビングポイントとの使い分けの定義は、書籍、指導団体、人にによって様々です。

ダイビング中の呼吸【だいびんぐちゅうのこきゅう】

ダイビング中の呼吸法は効率的な呼吸が大切です。「呼吸を止めない」ということはダイビング中で最も重要なルールですが、同じ水深にとどまっている時や耳抜きをする際に一瞬止めることは問題ありません。絶対やってはいけないことは呼吸を止めている状態で浮上することです。肺の過膨張障害になります。普通に呼吸をしていることによりこれを防ぐことができます。

ダイビングナイフ【だいびんぐないふ】

水中で使用する為に作られたナイフのこと。主な用途としては水中拘束したときにロープを切る、タンクを叩いて音を出す、流れがあるときに水底にさして留まる。素材はステンレス・チタンなどの錆びない素材で作られています。平成21年1月5日に改正銃刀法が施行され、ダイビングナイフも対象になりました。詳しくは警視庁のHP・日本スクーバ協会のHPを参照下さい。
http://www.npa.go.jp/safetylife/seikan51/ssb_akb.htm
http://www.scuba.or.jp/

ダイビングポイント【だいびんぐぽいんと】

実際にダイビングする場所の名前。ただダイビングポイントとの使い分けの定義は、書籍、指導団体、人によって異なることもあります。

台風【たいふう】

中心付近の最大風速が17.2m/sを超えた熱帯低気圧を台風と呼ぶ。近年の沖縄では直撃する回数が減っております。久しぶりに今年(H29)は10月下旬に2回直撃した。

ダイブテーブル【だいぶてーぶる】

減圧症にならないように安全に潜れる時間を出す道具のこと。オープンウェーター講習で使い方を学びます。慣れるまで使いこなすのは難しいです。ダイビングコンピューターがあれば面倒な計算をやらなくて済みますのでとても楽です。もともとは米海軍が開発した減圧不要限界や減圧を計算するための表でした。近年ではダイビングコンピューターの普及でダイブテーブルを使っているダイバーは少なくなりました(ほとんどいません)。しかし、ダイビングライセンス取得のライセンス講習ではダイブテーブルの使い方は学ばなければなりません。現在ではオリジナルなものに様々な改良を施した数種のダイブテーブルが開発されている。

ダウンカレント【だうんかれんと】

海底に向かって流れる潮流のこと。ドロップオフなどで潮流が壁などにぶつかり、下方向へ落ちる流れ出来る。一気に深場に持っていかれるのこともあるので非常に危険な潮流です。

ダストキャップ【だすときゃっぷ】

ファーストステージ内部に水分・ゴミなどの浸入を防ぐ為のゴム製のキャップ。

棚【たな】

ドロップオフ地形で深く落ち込む場所の浅場の平たく広がる地形のこと。

DAN【だん】

Divers Alert Networkの略。アメリカに本部があり、ダイバーの安全をサポートするワールドワイドな民間機関。潜水医学や救助、保険などの様々な専門家が多数参加しています。日本にもDANジャパンがあります。医師や医療機関、ダイビングショップなどのネットワークが形成されている。

タンク【たんく】

水中で呼吸するために必要な空気を圧縮している容器のこと。タンク内の空気は180-200気圧まで圧縮されています。タンクの材質はアルミタンクとスチームタンクの2種類あり、ウエイト量に違いがでるので注意が必要が必要です。近年ではタンクのことを「シリンダー」と呼びます。

タンクの大きさ【たんくのおおきさ】

国内・沖縄では10リットルタンクは主流です。他にも8・12・14リットルのタンクなどもあります。サイズが大きくなるとその分空気は多く入るが、重量が重たくなる。小柄な女性や上級ダイバーは小さいタンク(8リットル)で充分1ダイブすることができます。

タンクバルブ【たんくばるぶ】

タンクとファーストステージをつける部分のこと。DINバルブ・Jバルブ・Kバルブがあります。国内・沖縄ではKバルブが一般的です。DINバルブはヨーロッパで使われる規格で日本人ダイバーが見かける機会は少ないと思われます。Jバルブは昔の規格なので、もう見ることはないでしょう。