ダイビングを極める!PROコース

いよいよプロコース!即実戦!即戦力を目指して!!

PADIダイブマスターコース(DM)

ダイビングスキルの向上、ダイビングの専門知識を身に付ける。このライセンスを取得するとプロダイバーの仲間入りです!

沖縄ダイビングライセンス ダイブマスター講習
  • 講習料金
  • 通常価格:85000円~
  • 教材費(2019):46000円
  • 年会費(2019)申請料:23943円
  • 乗船料:6500円/日
(講習料・教材費・年会費・申請料・タンク代・ウエイトシステム・教材の配達送料・那覇市内宿泊先送迎・保険料・ドリンク・消費税)
  • 教材内容
  • ダイブマスター・マニュアル
  • ダイブマスター・DVD
  • エンサクロペディア
  • ナレッジワークブック
  • インストラクターマニュアル
  • ダイブマスタースレートセット
  • DSDインストラクター用キューカード
  • ダイビングエデュケーションログ(プロ)
  • eRDP ML
  • PADIプロバッグ
  • お得な特典
  • DM取得後のファンダイビングは全て1000円割引♪
  • 他にゲストがいる場合のファンダイビングは2000円~最大8000円割引♪

PADIダイブマスターのコース内容!

1:知識開発セクション

1:ダイブマスターのマニュアルを使ってナレッジリビュー(全9章)&3つのトピックの事前学習
・ダイブマスターが実施できるプログラム
・認定ダイバーのダイビング活動の監督
・トレーニング中の生徒ダイバーのアシスト

2:ナレッジワークブック、エンサイクロペディアを使って5トピックの事前学習
・物理・生理・器材・一般スキルと環境・減圧理論とRDP

3:ダイブマスターエグザム
8つのトピック全てで75%の正解率以上が合格!

4:緊急アシストプランの作成&提出
いざという時の地域に特化した行動計画を作成します。REDコースでやった内容と同じです。

2:水中能力スキルとスタミナ評価

1:スタミナ評価
・400m水泳
・800mスノーケルスイム
・15分間立ち泳ぎ
・100m疲労ダイバー曳航
・器材交換

2:ダイバーレスキュー評価

水面で意識不明ダイバーに対しての対応手順のチェック。REDコースでやった内容と同じです。

3:24スキル評価
生徒ダイバーのお手本となるダイブスキルの練習&精度を向上させる

3:現場実習(実戦応用)

1:スキル
・ダイビング・ポイントでのセットアップと管理
・水中地図の作成
・ブリーフィング
・サーチ&リカバリーのシナリオ
・ディープダイビングのシナリオ

2:ワークショップ
・ReActivateプログラム
・スキンダイバーコースとスノーケリングの監督
・限定水域でのディスカバースクーバダイビングプログラム
・ディスカバースクーバダイビングプログラムの追加のオープンウォーターダイブ
・オープンウォーターでのディスカバーローカルダイビング

3:実践評価
・限定水域でのオープンウォーターダイバーコース生徒
・オープンウォーターでのオープンウォーターダイバーコース生徒
・オープンウォーターでの継続教育生徒ダイバー
・オープンウォーターでの認定ダイバー

4:プロフェッショナリズム

  • 講習日程:7日間
  • 候補生に合わせた無理のない講習プランを作成します。
  • DM講習は内容が詰まっておりますので、7日間連続受講ではなく2回以上に分けての受講をお勧めしております。
  • 7日間で講習項目を修了できなかった場合は8日目以降は同行ダイビングの料金で現場でのトレーニング講習、スキル開発講習が可能です。

ご予約はお電話かメールでお願いします

1 まずは事前学習から

 ご予約確定後、教材を着払いで発送致します。プロへの第一歩なので、しっかり知識を身に付けて下さい!焦らずにゆっくり余裕を持って進んでいきましょう!
(短期間でできるような内容ではありませんので、コツコツでいいですよ。)

2 プロコース初日!

 初日はプロコースの説明からです。教材をお送りする時にプロコースで行う内容を書いた書類を同送します。一緒に内容を確認してからスタートです!

3 あとは実践あるのみ!全力でやってみよう!

 時には優しく・時には厳しく・笑いあり・涙あり?の充実した講習になるように一緒に頑張りましょう!実戦練習で経験を積み、プロとして恥じないダイバーに慣れるよう当店のスタッフが全力でサポートさせて頂きます!

【参加条件】
  • 18歳以上で健康な方
  • PADIアドバンスドオープンウォーターおよびレスキューダイバー認定、もしくは他団体の同等Cカード取得者
  • ログの記録されたダイブ本数40本以上
  • 過去24か月以内にEFR一次および二次ケアのトレーニングを受けている、もしくは更新していること(医師・看護師・歯科医師は免除されます)
  • 過去12か月以内に医師による健康診断を受け、ダイビング許可を得ている
【当日必要なもの】
  • 水着
  • 着替え
  • タオル
  • サンダル
  • 昼食代
  • 教材と書類一式
  • 教材の配達送料
  • ログブック
  • ライセンスカード(全部)
  • ダイビング器材:レンタル可能
  • ライセンス申請用の証明写真2枚【たて4.0cmよこ3.0cm】