チービシ諸島で半日ダイビング!

FUNダイビング
(ライセンス保持者)

チービシとは慶良間諸島で一番近い島々

 慶良間諸島の半日便はチービシエリアのポイントでダイビングをします。チービシ諸島とは慶良間諸島の渡嘉敷島の管轄です。神山島・ナガンヌ島・クエフ島の島々のことを慶良間諸島のチービシエリアといいます。午前便と午後便がありますので、午前中をダイビングして午後からは観光♪午前中に沖縄に到着して午後からはダイビング♪などとても便利な半日便です(^^♪

沖縄 チービシ諸島

1 ご予約・お問合せ

 ご新規様はご予約頂く前にホームページで慶良間諸島半日便でのファンダイビングの流れやタイムスケジュール、料金やご注意事項の確認をお願い致します。わからないことがありましたらお問合せフォームよりお気軽にお問合せください。下のボタンを押して頂くとファンダイビングのお申込みフォームへと移動します。こちらから返信メールを送らせて頂きますのでご確認ください。

*リピーター様はメールやLINEでのご予約も可能です。

2 宿泊先or空港へお迎え!

 宿泊先へ午前便は07:30頃を目安に、午後便は12:00頃を目安にお迎えにあがります。水着着用のうえ、時間厳守でロビーもしくは出入り口にお越しください。道中コンビニに寄って軽食や必要な物を購入して頂くことも可能です。
*このメニューは沖縄到着後からの開催も可能です。到着後の参加を希望される方は空港までお迎えに上がります。またはレンタカーなどでの現地集合も可能です。

3 三重城港に到着!

 午前便の集合時刻は08:00です。午後便の集合時刻は12:30です。到着後は準備を開始!レンタル器材の方はこちら準備致します。マイ器材の方は器材のセッティングをお願い致します。準備ができ次第、乗船の案内をさせて頂きますので、その間にウエットスーツに着替えてお待ちください。

4 チービシ諸島に向かって出港!

 当日の海況・ダイビングポイントにもよりますが、10~20分程で到着します。1ダイブ後は休憩して2ダイブ終了後帰港します。時間がある時はスノーケリングをすることもできます。

5 お疲れ様でした!

 ダイビングクルーザーにはシャワーと更衣室が完備されていますので、ご利用して頂けます。帰港時刻は午前便11:30~12:00頃、午後便16:30~16:30頃の予定です。片付けや着替え、ログ付け、精算が済み次第宿泊先までお送り致します。精算は現金のみです。マイ器材の方は乾かしてからの郵送も可能です。

【参加条件】
PADIオープンウォーターダイバー以上
*沖縄到着日のご参加も可能です。11:50までに空港3Fの出入り口付近で待ち合わせ可能な方に限ります。
【通常料金】
2ダイブ 14000円
【料金に含まれているもの】
  • ガイド料
  • 乗船代
  • タンク代
  • ウエイトシステム
  • 那覇市内宿泊先送迎
  • ドリンク
【当日必要なもの】
  • ダイビング器材【レンタル可能:別途料金】
  • Cカード
  • ログブック
  • 水着
  • 着替え
  • タオル
  • サンダル
【推奨ライセンス

ダイビングポイントをクリックすると詳細ページへ移動します。
チービシ諸島周辺
ナガンヌ島北
初級~上級(ドリフト可能)
浅場にはサンゴが広がってきて、少し沖へ泳ぐと水深40m程まで落ち込むドロップオフの地形になっております。ドリフトダイビングをすると大物で出会える可能性が高いので、ドリフト好きには人気の高いポイントです。
生物:ホワイトチップチャーク、アオウミガメ、ナポレオン、マダラトビエイ、ロウニンアジ、ギンガメアジ、イソマグロなど
稀にマンタ、ジンベイ、カジキなど
ナガンヌ島南
初級~中級(ドリフト可能)
浅場にはサンゴが広がっています。遠浅なので、着底してもMAX深度15m前後の水深が続きます。棚の上にはアオウミガメがいる確率もあります。
大物というより浅場のお魚を見ながらまったりダイビングをするイメージのダイビングポイントです。
神山ラビリンス
初級~上級(ドリフトほぼなし)
慶良間諸島の中でもトップクラスのダイビングポイントの1つです。ラビリンス=迷宮、迷路の意味を持ちます。その名の通り、洞窟やクレバスが無数にあるので地形派ダイビングを満喫できます。
またアオウミガメにも遭遇できるポイントなのでダイバーに人気のポイントです。
その他:ホワイトチップチャーク、ホソカマスの群れ、セジロクマノミ、ウミウシなど
クエフ島
初級~中級(ドリフトほぼなし)
サンゴの欠片でできた無人島。島周辺は綺麗なサンゴが広がっているので、カラフルなお魚がいっぱいいます。水深が比較的に浅いので、スノーケルでも楽しめるポイントです。
タッチュー
上級者限定(ドリフトのみ)
フリー潜行・急速潜行が必須スキル。水深40mオーバーからそびえたつ根。根のトップでも水深25mぐらいあります。夏場はギンガメアジのトルネードを見ることができるビックポイントの1つです。
 チービシ諸島にはもう少しダイビングポイントはありますが、その中で当ショップでよく潜るダイビングポイントをピックアップしております。