沖縄ダイビングを楽しもう♪

スキューバーダイビングとは

沖縄ダイビング

 SCUBAとは(Self-Contained Underwater Breathing Apparatus)の略語で日本語にすると「自給式水中呼吸装置」という意味です。 自給式水中呼吸装置を使用することにより人間が水中で呼吸をしながら活動することが可能になります。

 スキューバダイビングは健康な方でしたら年齢性別問わず楽しむことができます。地球の7割が海です。ダイビングをしない限りは味わくことのできない広がる感動的な水中世界の景色やたくさんの生物を近くて観察することができます。ダイナミックな地形や洞窟の中に入ったりして冒険することもできます。


ダイビングをするには?

 泳ぐの好き、海が好きな方はスキューバダイビングに興味がある方が多いと思います。安全にダイビングをするためには知識が技術を身に付ける必要があります。学科と実技の講習を修了することによりCカード(認定書)が発行されます。試しに「ダイビングをやってみたい!」という人には「体験ダイビング」というダイビングメニューもあります。


ダイビングライセンス講習について

 ダイビングライセンスを取得するとライセンスカード(Cカード)が発行されます。これはダイビングのトレーニングは受けたことを証明する認定書です。これからダイビングに参加する際に提示する必要となりますので忘れずに持っていきましょう。

 ダイビングライセンスを取得するには学科講習と実技講習を受ける必要があります。学科講習ではダイビングの知識を身に付け、実技講習ではダイビングに必要なスキルを身に付けます。またダイビングライセンスにも複数の種類があり、ステップアップするとより多くのダイビングポイントで水中世界を楽しむことができます。


体験ダイビングについて

 体験ダイビングとは文字通り、ダイビングを体験するためのコースです。ダイビングライセンス取得コースとは異なり、健康な方でしたら10歳から参加できます。上限はありません。観光のついでにお気軽に参加して頂けます。

 体験ダイビングではいろいろな制限があります。あくまでもダイビングを体験して頂くためのコースです。基本的には浅場でインストラクターと一緒に水中を楽しむことができます。


FUNダイビングについて

 ダイビングライセンスを取得したらダイビングを満喫しましょう♪水中世界を満喫するコース(FUNダイビング)に参加することができます。世界中にはたくさんのダイビングポイントがあります。ダイビング経験やランクによっての制限もありますので、ダイビングを楽しみながら少しずつステップアップしていきましょう。ダイビングを趣味で続けるならまずはアドバンスドオープンウォーターダイバーのライセンスまで取得しておきましょう。

 沖縄では日本が世界に誇る慶良間諸島(国立公園)や本島周辺も複数のダイビングポイントがあります。テレビや観光雑誌でも取り上げられている恩納村の青の洞窟は体験ダイビングやスノーケリングでも楽しめるポイントです。他にも恩納村の万座や南部の糸満、本島最北端の辺戸岬は中級~上級ダイバーにも人気のエリアです。お好みのダイビングスタイルによって場所を選べる程、沖縄本島周辺はダイビングポイントに恵まれております。

沖縄スキューバダイビング