ダイビング用語集

    
    
    
    
    
    
    
      
    


瀬【せ】

「根」とほぼ同義語。但し、根よりも広範囲な地形に対して使う場合が多い。

静気泡【せいきほう】

サイレントバブルの事。

 

性転換【せいてんかん】

魚等が子孫繁栄の為に性別を変えること。オスからメスになる場合もあるし、魚によってはメスがオスになる場合もある。クマノミはオスからメスに性転換する。

セイフティーストップ【せいふてぃーすとっぷ】

安全停止の事。

セカンドステージ【せかんどすてーじ】

レギュレーターで実際に咥えて呼吸する部分、マウスピースが付いている。自分が吸うメインのレギュレーターとオクトパスの2つある。

セッティング【せってぃんぐ】

ダイビング前に行う器材の組み立て。主にタンクにBCD・レギュレーターを取り付けることを意味する。

セミドライ【せみどらい】

ウエットスーツとドライスーツの中間に位置するスーツ。首や手・足首にネックシールと呼ばれる強力なゴムを使用することで、水の浸入を極力少なくしてある。しかし水が完全に入らない訳では無いのでドライスーツより保温性は落ちる。

潜降【せんこう】

水中へ潜ること。フリー潜降とロープ潜降がある。浮上の反対語。

潜降スピード【せんこうすぴーど】

潜降するスピードのこと。浮上スピードと違い、速さの基準はない。ただし早すぎると耳抜きが出来ないので、耳抜きが出来るスピードで潜降する。

 

潜降ロープ【せんこうろーぷ】

水面から水底に向かって下ろしてあるロープ。潜降のときに、このロープにつかまって潜降することで、初心者でも潜降スピードをコントロールしたり周囲の確認が容易になり、安全に潜降することができる。ブイに繋げて水中に下ろしているロープやアンカーロープを用いたりする。

潜水旗【せんすいき】

ダイビングフラッグと同意語。

潜水士【せんすいし】

各都道府県労働基準局が交付する国家資格。ダイビングに関係する唯一の国家資格である。労働省が年数回行われる検定試験を開催している。この資格を取得していないと労働災害保険の適用が受けられない。試験は筆記のみ。

潜水時間【せんすいじかん】

ディセントからアセントまでの時間。よくログ付け時にエントリー・エキジットと言うが厳密にはディセント・アセントが正解。オープンウォーターのマニュアルにはディセントからアセント開始までと出ているが、実際はアセント終了時間(水面に出た)時の指す。

潜水病【せんすいびょう】

潜水によって起こるさまざまな障害を総称したもの。減圧症もそれに含まれる。

 

底揺れ【そこゆれ】

うねりと同意語

外付けストロボ【そとづけすとろぼ】

カメラ本体とは別にあるストロボ。基本的に大きく、光量が多いので水中撮影に向いている。欠点はカメラ自体が大きくなってしまうこと。

ソフトコーラル【そふとこーらる】

ヤギ、トサカ、イソバナなど、サンゴの仲間としてポリープで海中のプランクトンを捕食し成長する動物の中で、造礁サンゴと違い柔らかい体をしているものをひとまとめにしてこう呼んでいる。カラフルで、植物のように見える点も共通点だ。