ダイビング用語集

    
    
    
    
    
    
    
      
    


離岸流【りがんりゅう】

リップカレントの事。

リクリエーショナルダイビング【りくりえーしょなるだいびんぐ】

ファンダイビングと同意語。

リクリエーションダイビング【りくりえーしょんだいびんぐ】

ファンダイビングと同意語。

リゾートダイバー【りぞーとだいばー】

南の島などのリゾートでしか潜らないタイプのダイバー。

リップカレント【りっぷかれんと】

沖に対して強く流れる流れのこと。浅い岩礁のあいだに切れ目のような落ち込みがある地形では、岩礁を越えて入ってきた波が、引く時に落ち込みに集中してしまい、急激な流れになる。

リップルマーク【りっぷるまーく】

砂紋のこと。

リバースブロック【りばーすぶろっく】

スクイズとは逆に浮上中、減少した周囲圧によって空間は膨張します。その際に膨張した空気がうまく逃げず、空間が膨張して痛みを伴う。耳抜きが上手く出来ていないのに無理して潜った場合に起きる。対処法は一旦潜降して、ゆっくり浮上する。

リーフ【りーふ】

珊瑚等が広がっている棚。その周辺には魚が多く住み着いている。棚より島側をインリーフ、外側をアウトリーフと呼ぶ。

リーフエッジ【りーふえっじ】

リーフの切れ目、端のこと。そこを基点にドロップオフになっている地形が多い。

リフレッシュコース【りふれっしゅこーす】

正式なカリキュラムがあるコースではなく、ブランクの開いたダイバーの為の復習コース。

両面スキン【りょうめんすきん】

ジャージを一切張らないゴムだけのスーツのこと。表も裏もゴムが露出しているから両面スキンと呼ぶ。ジャージ生地よりも安価。

冷水塊【れいすいかい】

周りの水温よりも水温が低い海水の塊。普段見られない魚が潜んでいることもある。

レギュ【れぎゅ】

レギュレーターの略

レギュレーター【れぎゅれーたー】

水中で呼吸する為の器材の総称。ファーストステージ、セカンドステージ、ゲージの3つからなる。部品にOリングがあるので、1年に1回のオーバーホールが必要。メインのセカンドステージをレギュレーターという場合もある。メインのセカンドステージをレギュレーターと言うことも多い。

レギュレータークリアー【れぎゅれーたーくりあー】

セカンドステージ内に水が入った時、その水を出す方法。やり方は2種類あり、レギュレーターをくわえたまま息を吐き出す方法と、パージボタンを押す方法とがある。

レギュレーターリカバリー【れぎゅれーたーりかばりー】

セカンドステージが口から外れてしまった時にレギュレーターを見つける方法。アームスパン法が有名。

レジャーダイビング【れじゃーだいびんぐ】

ファンダイビングと同意語

レンタル器材【れんたるきざい】

お店で借りる機材の事。全ての器材がレンタルで用意されている訳ではない。ダイビングコンピューター・フード・ライト等はお店によってレンタル器材が無い場合があるので、事前の確認が必要である。

ログ付け【ろぐづけ】

ログブックを記入すること。ガイドやインストラクターと一緒にする場合が多い。

ログブック【ろぐぶっく】

ダイビングの記録を書く日記帳みたいなもの。色々記入するが、空気の量とかを書いておくと、タンクの大きさの目安になるし、スーツの厚さ、タンクの種類、ウエイトの量は、初めての場所でのウエイト量の判断になる。また魚や水中地図等を書いてくと、後で見直したと時に思い出に残る。

ロープ潜降【ろーぷせんこう】

ロープにつかまって潜降すること。水深のコントロールが簡単に出来るので、耳抜きに不安がある人には安心して潜降できる。

ロープレッシャーホース【ろーぷれしゃーほーす】

中圧ホースの事。

ロングショアカレント【ろんぐしょあかれんと】

沿岸流の事

ロングション【ろんぐじょん】

ウェットスーツのデザインでワンピースの肩から袖がないもの。

ワイドレンズ【わいどれんず】

広い画面を写せる、焦点距離が35ミリより短いレンズを指す。画角が広くなるので、広範囲の撮影が出来る。また被写体との距離を短くできる利点がある。

ワンピース【わんぴーす】

一番一般的なウエットスーツで、長袖・長ズボンタイプの愛称。