ダイビング用語集

    
    
    
    
    
    
    
      
 り る れ ろ


耳抜き【みみぬき】

耳やサイナスのスクイーズを防ぐ為に鼓膜の内側の空間とサイナスに空気を送り込み、不快感を取り除く動作。やり方は鼻を塞いたまま、鼻を咬む。ツバを飲み込んだり、下あごを動かしても出来る。耳が痛くなってからやるのではなく、痛くなる前にするのがコツです。その際、強くやりすぎると逆に鼓膜を傷める原因になるので、優しくやりましょう。

耳のスクイーズ【みみのすくいーず】

水深が深くなるにつれて増加する水圧が鼓膜を内側に押し、痛みを感じる事。防ぐ為には耳抜きが必要。

向かい潮【むかいしお】

ダイバーの進行方向から流れてくる潮流のこと。逆らって泳げないほど流れがきつい場合は、地面の障害物をつかみながら這うようにして進むと楽である。

無限圧限界【むげんあつげんかい】

減圧停止を必要としないで、その水深にいられる最大限の時間。

無限圧潜水【むげんあつせんすい】

減圧不要限界を越えない範囲でダイビングすること。

メインのレギュレーター【めいんのれぎゅれーたー】

レギュレーターには2つセカンドステージがありますが、実際に咥えて呼吸するセカンドステージをメインのレギュレーターと言う。略してレギュレーターと言うことが多い、使わない方をオクトパスと言う。

メッシュバック【めっしゅばっく】

濡れた器材の持ち運びに便利なナイロン製のバック。下がメッシュ状になっているので水はけも良い。基本的にメッシュバックは濡れて良い物をいれるようにしましょう。

やまだて【やまだて】

木や山、建物など、海岸にある目標物を2つ利用し、海面上で位置を正確に測定すること。このテクニックで目印のないボートのポイント・ビーチのエントリー口を見つける。

湧昇流【ゆうしょうりゅう】

アップウェリングの事。

ヨークスクリュー【よーくすくりゅー】

レギュレーターのファーストステージに付いているパーツ。タンクバルブにファーストステージを付ける際や、ダストキャップを付ける際に使用するネジ。

予備の空気源【よびのくうきげん】

オクトパスと同意語。

ラダー【らだー】

ボートに付いているハシゴのこと。主にエキジットに使用する。

ラッシュ【らっしゅ】

ラッシュガードの略。

ラッシュガード【らっしゅがーど】

ウェットスーツの下に着る防寒具。薄い生地で出来ている。日焼け防止にもなる。『ラッシュ』と略して言われる。レンタルはないので、自分で用意する。

ラバーフィン【らばーふぃん】

ゴムフィンと同意語。

ラフ【らふ】

海況が荒れていることを意味する。凪の反対語。