用語集

    
    
    
    
    
    
    
      
    


クイックリリース【くいっくりりーす】

ウエイトベルトのバックルの部分で右手で簡単に外れる機能のこと。

空気【くうき】

酸素21%窒素約79%で構成されている、混合ガスのこと。

空気栓塞症【くうきせんそくしょう】

肺の過膨張障害の一種。エアーエンポリズムと同意語。

曇り止め【くもりどめ】

マスクの曇りを防止するもの。一般的には液体状の物が多いが一部固形状の物もあります。よく唾液で曇り止めを行う人もいますが、マスクがカビのでやめた方がいいです。

クリーナー【くりーなー】

他の生き物についた寄生虫を食べて掃除する魚や海老などのこと。口の中まで掃除していても食べられてしまうことはありません。

クリーニング【くりーにんぐ】

他の魚に付着した寄生虫やゴミを食べて掃除すること。ウミガメやサメ、マンタなどによく付いています。

クリーニングステーション【くりーにんぐすてーしょん】

クリーニングが頻繁に行われる場所のこと。クリーニングする魚や海老がたくさんいて生物が集まるのでダイバーに人気があります。慶良間諸島ではマンタのクニーニングステーションやウミガメのクリーニングステーションがあるダイビングポイントがあります。

クレパス【くれぱす】

岩の裂け目の意味で水中の地形を指す言葉。地形が好きなダイバーに人気があります。

黒潮【くろしお】

東シナ海を北上してトカラ海峡から太平洋に入り、日本の南岸に沿って流れ、房総半島沖を東に流れる海流のこと。日本近海を流れる代表的な暖流で日本海流(にほんかいりゅう)とも呼びます。

クローズアップレンズ【くろーずあっぷれんず】

ピントの合う距離を短縮して近接・高倍率撮影を実現するレンズのこと。通常重ねて使うことで更に近接・高倍率撮影が可能になります。クローズアップレンズを装着した時は被写界深度が浅くなりのでピントを合わせるのが難しくなるので注意が必要です。

グローブ【ぐろーぶ】

岩や物をつかむ時に手を保護するための手袋のこと。保温効果も多少あります。通常レンタル対象外ですが、カハナでは希望次第で手袋(軍手)のご用意は可能です。海外では珊瑚などの保護のため使用禁止なところもあります。むやみやたらに水中環境にダメージを与えるのはやめましょう。

 

軽器材【けいきざい】

マスク・スノーケル・ブーツ・フィン・グローブの総称。ダイビングを始める方は揃えておきたい器材です。

頚動脈反射【けいどうみゃくはんしゃ】

ウェットスーツやフードもしくはドライスーツで首の締りすぎで起こることがあります。頚動脈を圧迫する事により体は血圧が高いと判断し血圧を下がってしまい意識が飛んでしまう事もあります。自信に合った適切なサイズのスーツやフードを着用すると起こることはありません。

Kバルブ【けいばるぶ】

タンクバルブの種類の1つ。アジア・アメリカ圏の規格で日本でも一般的に使用されているバルブです。

ゲージ【けーじ】

コンソールゲージと同意語。

ケーブ【けーぶ】

水中にある洞窟のこと。英語ではCaveと綴る。

ケーブダイブ【けーぶだいぶ】

トンネルや洞窟など水中にある各種の穴を探検するダイビングのこと。光・地形・生物と水中の面白さの詰まったダイビングを楽しむことができる。

ケミカルライト【けみかるらいと】

化学反応で発行するスティック状のライトのこと。ナイトダイビングの時にダイバーに付けて目印として使用したり、エントリー・エキジット付近に設置して目印とします。

ケモクライン【けもくらいん】

淡水と海水など塩分濃度など水質の違う水が混ざり合っている水の層のこと。その水質の違いから発生する質感や色彩が異なる不思議な世界が現出します。

減圧症【げんあつしょう】

ダイビング中は陸上よりも高濃度の空気で呼吸しているので陸上よりも過剰な窒素が体内に溶け込んでしまいます。浮上時に呼吸と共に排出されるが過剰の窒素が溶け込んでいたり、浮上スピードが速すぎると排出が追いつかず、血液中で窒素の気泡が出来てしまうことがあります。その気泡が血流を止めてしまう病気のこと。症状は気泡の出来る場所により様々です。減圧不要限界を守り、浮上速度に気をつけていれば滅多になるものではありません。安全停止をするのは減圧症になる確率を少なくする為です。また飛行機搭乗禁止時間を守らなかったり、ダイビング直後に高所に移動すると減圧症になるリスクが高くなります。

減圧障害【げんあつしょうがい】

肺の過膨張障害と減圧症の両方を指す言葉です。どちらも手当てと治療方法は同じである。緊急の場合は区別する必要がなく「減圧障害」といいます。

減圧停止【げんあつていし】

減圧不要限界を超えてダイビングした場合に必要になります。定められた水深に定められた時間停止して体から窒素を排出してから浮上します。リクリエーションダイビングではしてはいけない。

減圧不要限界【げんあつふようげんかい】

ダイビングでは減圧停止を必要としないで浮上出来る時間が決められています。その限界の時間の事を減圧不要限界といいます。この時間を越えて潜ってしまうと減圧停止が必要となり、減圧停止を行わないと減圧症になる確率が非常に高くなります。

限定水域【げんていすいいき】

浅くて穏やかな環境でプールやプールに近い水域のこと。