ダイビング用語集

    
    
    
    
    
    
    
      
    


平均水深【へいきんすいしん】

ダイビング中の潜っていた平均的な水深。ログブックに記入する。ダイビングコンピューター以外では知る事はできない。

ベタ凪【べたなぎ】

凪の強調語。

ヘッドファースト【へっどふぁーすと】

頭を下にして、水底に向かって泳ぎながら潜降する方法。フリー潜降の時によく使われる。ただし、耳抜きがやり難くなるので、耳抜きが不安な方は止めた方が良い。

ペーパーダイバー【ぺーぱーだいばー】

Cカードを保持しているが、殆ど潜っていないダイバーの事。

ベンズ【べんず】

減圧症の中でもっとも一般的な症状であることから、減圧症の俗称ともなっている病気。窒素の気泡が原因で関節や筋肉に麻痺や痺れ、痛みが出ること。

ポイント【ぽいんと】

ダイビングポイントの略。

防水ファスナー【ぼうすいふぁすなー】

ドライスーツなどについている、水の浸入を防ぐファスナー。

ポート【ぽーと】

レギュレーターのファーストステージに設けられているホースを接続するための口。HP(ハイプレッシャーポート)とLP(ロープレッシャーポート)の2種類があり、HPには残圧ゲージを、LPにはセカンドステージやインフレーターホースを接続する。

ボートコート【ぼーとこーと】

雨や風、寒さをしのぐために羽織る防水性の高いコートの総称。エキジット後は体が濡れており、体温も下がっているので、風に当たると結構寒いので、あると便利。日除けにもなる。ボート上だけで着る訳ではない。

ボートダイビング【ぼーとだいびんぐ】

船でダイビングポイントまで移動して潜るスタイルのダイビング。ボートダイビングの利点は、重たいタ器材を背負って歩かないで、直ぐに海に潜れること。アンカーリングダイビングとドリフトダイビングがある。船酔いする人は酔い止めを服用する事をお忘れずに。

ホバリング【ほばりんぐ】

中性浮力を取り、ある一定の深さに浮いていること。ドリフトダイビングでは安全停止や減圧停止時の必須スキル。マンタが体をクリーニングする時なども、「ホバリングしている」と表現する。

ポリープ【ぽりーぷ】

サンゴや腔腸類が持っている触手の総称で、これを使って海中のプランクトンを捕食している。

ポンド【ぽんど】

重量の単位。1ポンドは約450グラム。1キログラムは約2.21ポンド。海外でウエイトに書いてある数字はキロとポンドがあり、間違えないように。

マイナス浮力【まいなすふりょく】

何もしないで体が水底に沈んでしまう状態をマイナス浮力と言います。この状態で泳ぐと非常に体力を使うので、ウエイトを外すか、BCDに空気を吸気しましょう。

マウスピース【まうすぴーす】

スノーケルやレギュレーターのセカンドステージに付いている口にくわえる為のゴムのパーツ。

マクロ【まくろ】

マクロレンズ・マクロモードで撮る様な小さい魚や生物をみること。

マクロモード【まくろもーど】

通常よりも最短撮影距離が短くなり、より被写体によって撮影を楽しむ事が出来る撮影モード。

マクロレンズ【まくろれんず】

小さい生物を取る時に使うレンズ。被写体に近づけるようになる。また動物などに接近せず大きく撮影する目的で被写体までの距離を長くとることができる「望遠マクロ」と呼ばれるタイプのレンズもある

マスク【ますく】

ダイビング用水中めがね。水中で視界を確保する為に必要。水泳用ゴーグルと違い、マスクの中に鼻まで入るものを使う。視界が広い一眼タイプのマスクと、視力矯正レンズを入れられる二眼タイプのマスクがある。

マスククリアー【ますくくりあー】

マスク内に入ってしまった水をだす方法。やり方はマスク上部のフレームを額に押さえつけ、鼻から息を出し続けながら上を向く。この時、鼻から息の出しかたは「ゆっくり」「長く」が基本である。強く短く出そうとすると失敗する可能性が高い。失敗すると水を飲んで苦しい事も。

マスクスクイズ【ますくすくいず】

マスクと顔の空間で圧平衡が出来ないとおこるスクイズ。通常は意識しないでも問題ないが、ダイビング中に顔が痛いときはマスクスクイズの可能性がある。マスクブローで簡単に直る。

マスクストラップ【ますくすとらっぷ】

マスクを顔に固定するためのバンド。

マスクブロー【ますくぶろー】

マスク内の空間の圧平衡が出来ていない時に使う。やり方は鼻から息を出すだけ。