用語集

    
    
    
    
    
    
    
      
    


エアーエンボリズム【えあーえんぼりずむ】

息を止めて浮上をした場合におこる肺の過膨張障害の一種のこと。浮上中は周囲の圧力が減少するため肺の中の空気が膨張します。その際息を止めていると膨張した空気が逃げ場を失い肺胞を圧迫した結果肺胞が破裂し、破壊された毛細血管から空気が血液に流れ込み血流を止める障害のこと。ひどい場合は死に至ることもあります。ダイビング中は絶対に息を止めず適切な浮上速度を守ることで簡単に防ぐ事が出来ます。

 

エアドーム【えあーどーむ】

水中にある穴やトンネル上部に水に浸かっていない天井部分があり水面から顔を出して空気を吸えるようになっている空間のこと。 沖縄本島では最北端辺土岬のダイビングポイントの辺戸ドームがあります。

 

エキジット【えきじっと】

水中から陸上やボート上へ上がること。『EXIT』・『EX』と書きます。厳密には浮上した時間では無く、水から上がった時間であるが、ログブックでのエキジットは浮上時間のことを指す場合が多いです。

 

エグゾーストティー【えぐぞーすとてぃー】

レギュレーターを咥えた状態で呼吸をした時、吐き出した空気が視界の妨げにならないように左右に排出するための排気穴のこと。

エグゾーストバルブ【えぐぞーすとばるぶ】

BCD内の空気を排出するためのバルブのこと。

沿岸流【えんがんりゅう】

岸に対して斜めに波が押し寄せて波がそのまま岸に対して平行に流れて行く潮流のこと。岸の近くで流れが速く沖では弱くなります。ロングショアカレントと同義語。

エントリー【えんとりー】

陸上(ビーチ)やボートから水面へ入ること。ログブックでのエントリー時間は潜降開始時間を示します。

エンリッチドエア【えんりっちどえあ】

タンク内の気体の成分の内、酸素の混合比が21%より高いものはEnriched Air Nitrox(EANx)エンリッチドエアーナイトロックスと呼びます。エンリッチドエアナイトロックスは酸素の割合が21%以上であること。エンリッチドナイトロックスは空気に比べて窒素の割合が低いので体内に窒素が溜まるなどのデメリット(減圧症や窒素酔い等)が著しく軽減されます。酸素が多いデメリットとしては深場には適さないこと。酸素中毒になる危険性があります。エンリッヂエアナイトロックスを使用するにはスペシャリティーコースを受講してライセンスが必要となります。

大潮【おおしお】

月と太陽の引力に応じて起こる潮の干満の中でもっとも干潮時と満潮時の水位差の大きい状態になります。太陽と月が一直線上に並び引力が最大になる満月と新月の日がこれに当たるので月に2回大潮があります。潮流が強まるので魚の動きや透明度に影響が出やすいです。

大物【おおもの】

基本的に定義はありませんが、1m以上の生物や珍しい生物を指す事が多いです。

オクト【おくと】

オクトパスの略。

オクトパス【おくとぱす】

緊急時に使用する予備のレギュレーターのこと。空気が少ないまたは無くなったバディに自分の空気をあげるために使用します。また自分が使っているメインのレギュレーターが故障した際にも使用することができます。右側もしくは左側のどちらに着いています。好みによって付け替えが可能です。通常はメインのレギュレーターよりホースが長くなっており、目立つようにホースの色が黄色等になっていることが多いです。普段は使わないのでホルダー等に収納しておきましょう。

オクトパスホルダー【おくとぱすほるだー】

オクトパスが水底に引っ掛からないようにする為のアクセサリーのこと。通常オクトパスはオクトパスホルダーでBCDへ付けておく必要があります。

オーバーウエイト【おーばーうえいと】

適正ウエイトよりウエイト量が多い事をいいます。オーバーウエイトで潜ると体がマイナス浮力になり水底を接触しやすくなる原因になります。またオーバーウエイトでBCDに空気を入れても上体が立ってしまい上手く潜れない現象になります。中性浮力ができない人はオーバーウエイトで潜っている人は多いので無駄にエアーを消費してしまいます。ドリフトダイビングをする時は1キロだけオーバーウエイトで潜るダイバーも多いです。

オーバーハング【おーばーはんぐ】

岩の壁が一部分前に突き出し、家でいう軒下みたいな感じになっている所のこと。景観が良いだけでなく、魚達の格好の隠れ家になっていたり、エビ・カニ類や暗がりを好む生物など見所も多いです。

オーバーホール【おーばーほーる】

レギュレーターやBCDの定期点検のこと。通常は1年に1回行うことが理想です。使用していなくても重器材にはOリングが入っているのでオーバーホールは必要です。

オプティカルレンズ【おぷてぃかるれんず】

マスクのガラスは通常は強化ガラスですが視力の悪い人が代わりに使うレンズです。二眼タイプのマスクにしか入らないのでオプティカルレンズ入りのマスクを度付きマスクのことをいいます。水中での物の見え方は陸上と違うので陸上と同じ度にすると強すぎるので注意!視力矯正レンズ・度付きマスクと同意語。

オープンウォーターダイバー【おーぷんうぉーたーだいばー】

ダイビングに必要な基礎的な知識や技術を習得した初級ダイバーのこと。このライセンスを取得するとバディ潜水が可能になり、最大水深18mまでダイビングすることができるようになります。講習では学科と限定水域での練習と海洋実習4ダイブがある。当店では最短2日間の講習で取得可能です。

Oリング【おーりんぐ】

ダイビング器材やカメラ器材に使われているゴムの円形状のパッキングのこと。カメラのハウジングのOリングは適切に手入れをしておかないと水没の原因になります。重器材のオーバーホールはOリングの点検や交換がメインとなります。

Oリングの手入れ【おーりんぐのていれ】

基本的にはメーカー指定の説明書をご確認ください。メンテナンスをするときは必ずOリングを清潔に洗ってからグリスを塗りなおし水没チェックを行うことが大切です。