ダイビング用語集

    
    
    
    
    
    
    
      
    


アウターリーフ【あうたーりーふ】

アウトリーフと同意語。

アウトリーフ【あうとりーふ】

サンゴ礁が形成するリーフの外側の海、外洋のこと。基本的に潮通しがよいので透明度が良いが、流れが強いポイントもあります。インリーフの反対語。

アウトレットバルブ【あうとれっとばるぶ】

排気バルブの事。

青被り【あおかぶり】

水中撮影の際ストロボ(フラッシュ)を使わないと色の吸収が原因で写真全体が青くなってしまうこと。しかしハレーションが起きない利点があります。最近はデジカメには「水中モード」機能が付いている物があります。このモードに設定をすると色補正が行われ青被り現象なりにくいです。光(ライト)があると尚よし!

あおり足【あおりあし】

フィンを上下に動かすのではなく水泳の平泳ぎの足のように左右に水を掻くように泳ぐキックのこと。上手にできるようになると疲労度が少なく効率よく進めるようになります。インストラクターやジョウキュウダイバーが良く使うキック方法です。ただ速く泳ぐのには向いていません。

赤潮【あかしお】

生活排水の流出などなんらかの原因によってプランクトンの異常増殖によって海水が赤く染まる現象のこと。水の色は原因となるプランクトンの色素によって異なり、オレンジ色、赤色、赤褐色、茶褐色等があります。赤潮が発生すると酸素が届かなかったりプランクトンによる毒素などによって、多くの魚介類が死滅し海の生態系に多大な影響を与えることがあります。

上げ潮【あげしお】

満潮に向かう潮、満ちてくる潮のこと。一般的には南から北へ流れます。地形や場所により例外はある。下げ潮の反対語。

アセント【あせんと】

浮上と同意語。

アーチ【あーち】

水中にある橋状のなっている地形のこと。岩の表面にはいろんなソフトコーラルがついていたり、魚影が濃い場合が多いです。

圧外傷【あつがいしょう】

スクイズのこと。

アップウェリング【あっぷうぇりんぐ】

陸地から沖に向かって吹く風(オフショア)の影響で、水面の海水を沖へ行き、変りに深い水底から海水が入ってくるの現象のこと。水温は下がるが透明度が良くなり、水に栄養分が多く魚影が濃くなる時が多いです。ドロップオフのある地点や季節風の吹く場所で発生しやすい。

アップカレント【あっぷかれんと】

水底から水面に向かう潮流のこと。海流や地形の影響で起こります。急に水面にもっていかるので注意が必要です。

圧平衡【あつへいこう】

体内にある空間(鼓膜の内側や肺)の圧力を周囲の圧力と同じにすること。もっとも有名なのは「耳抜き」です。ドライスーツ着用時にスーツ内に空気を入れるのも圧平衡です。上手に行わないとスクイズを起こします。

アドバンス講習【あどばんすこうしゅう】

オープンウォーターの次に取得出来るライセンスコース。OWDとは違いテストがありませんが、事前学習は必要です。ディープダイビングとナビゲーションは必須項目となります。残りの3ダイブは選択が可能ですので、興味がある項目をお選びして頂けます。
*ただしはアドヴァンスドオープンウォーター講習。

アームスパン法【あーむすぱんほう】

レギュレータリカバリーの方法の一つです。まず右腕を前に出します。極端に右肩を下げ、右腕をクロールするように腕を大きく回します。その際、内太もも、お尻、タンクの底という順番で体に沿うようにするのがコツです。

アルティチュードダイビング【あるてぃちゅーどだいびんぐ】

海抜300m以上の高所で行うダイビングのこと。周囲圧が1気圧以下になので海で潜るのと同じ手順では潜れません。潜る為には特別な知識が必要です。高所潜水とも言います。

アルミタンク【あるみたんく】

アルミ合金によってつくられた空気タンク(シリンダー)外壁はスチールタンクよりもかなり厚くする必要があるので外寸法が大きくなり、浮力が大きくなるのでスチールタンクより約2キロウエイトを増やす必要があります。また空気が少なくなるとタンク自体がプラス浮力になるものが多いので安全停止時に浮きやすくなります。

アンカー【あんかー】

錨のこと。アンカーと船を結ぶロープの事をアンカーロープといいます。

アンカーライン【あんかーらいん】

アンカーロープと同意語。

アンカリング【あんかりんぐ】

アンカーを海底に引っかけてボートを停留すること。

アンカリングダイビング【あんかりんぐだいびんぐ】

アンカリングをして潜るダイビングすること。潜降と浮上は同じ場所で行います。流れのあまり無い場所などで適しています。船とアンカーはアンカーロープでつながっているのでこれにつかまって潜降・浮上する事が出来るので耳抜きに不安がある方でも安心してダイビングができます。

アンカーロープ【あんかーろーぷ】

アンカーと船をつなぐロープのこと。潜降や浮上によく使われる。アンカーラインと同意語。

アンクルウエイト【あんくるうえいと】

ドライスーツ着用時に使用する足首につけるウェイトのこと。 重さは500グラム~1000グラムが一般的です。

安全停止【あんぜんていし】

無限圧潜水でのダイビングでも安全性を高める為にダイビング終了時に水深4~6mの間に3分間留まり、体内の窒素を少しでも排出してから浮上すること。必ず止まっている必要はありません。4~6mを泳いで帰ってきたりその水深で写真などを撮ったりしていても構いません。