よくあるご質問 Q&A ダイビングの基本!中性浮力の悩み編

Q01 潜行が上手にできません。

大事なのは呼吸を整えることです。緊張していたり、呼吸が乱れていると肺が膨らんでいる時間が長くなるので、体が浮きやすくなります。あと潜行する時の姿勢です。ダイビング当日に詳しく説明させて頂き、実際練習してアドバイスさせて頂きます。

Q02 フィンキックしても進みません。

フィンキックの仕方に問題があるか、泳いでいる時の姿勢が悪いかもしれません。姿勢が反っていると抵抗を受けて推進力が低下します。中性浮力を保ちながら泳ぐことも大切なので、中性浮力のSPライセンス講習(PPB)で特化したトレーニングすることで上達の近道になります。

Q03 浮いたり、沈んだりします。

呼吸が乱れているか、BCDの吸気・排気ボタンを触り過ぎている原因が考えられます。基本的には呼吸のコントロールが大切ですので、中性浮力のSPライセンス講習(PPB)で特化したトレーニングすることで上達の近道になります。

Q04 中性浮力がとれません。

ダイビングの基本は中性浮力です。中性浮力にはじまり、中性浮力に終わります。ただ泳いでるだけでは中性浮力は上達しません。正直100本潜っているダイバーでもできない人もいます…中性浮力を完全にマスターするとダイビングが快適になります。中性浮力のSPライセンス講習(PPB)で特化したトレーニングすることで上達の近道になります。

Q05 エアーの減りがはやいです。

男性は女性よりエアーの減りがはやいです。これは肺活量の関係です。大柄な方も普通の体型の方よりエアーははやくなります。あとダイビング中、中性浮力を保っていない・呼吸がはやい・乱れている・BCDの吸気・排気ボタンを操作し過ぎている可能性があります。中性浮力のSPライセンス講習(PPB)で特化したトレーニングすることで上達の近道になります。

Q06 安全停止で浮いてしまいます。

BCDの空気をしっかり抜いてますか?あとは呼吸の乱れが原因です。呼吸を整えて、しっかり体感しましょう。中性浮力のSPライセンス講習(PPB)で特化したトレーニングすることで上達の近道になります。

Q07 アルミタンクとスチールタンクどっちがいいですか?

メリット・デメリットがあります。アルミタンクの場合、水中のバランスは非常にとりやすいですがエアー減ると浮きやすくなので、浮力コントロールが上手でない方は浮いてしまうとこがあります。スチールタンクの場合は重いので、ウエイト量はアルミタンクの場合よりー2キロでいけます。 水中だと後ろに引っ張られる感があるので、潜行が苦手な方は体勢を崩しやすいこともあります。あとは好みなので、いろいろ試してみましょう!

※タンク=シリンダー

よくあるご質問の一覧表
ライセンスお持ちの方