ダイビングライセンス講習(PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コース)

PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コース

PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースは、潜水計画から海況の判断、トラブルの回避など、ダイビングを安全に楽しむために必要な知識とスキルを本格的に身につけるダイビングライセンス講習コースです。

このダイビングライセンス講習コースを修了すると、ダイバーとして必要な知識・スキルを身につけた証明としてのCカードが発行され、コースで学んだ知識とスキルを応用して、受けたトレーニングと経験の範囲内で、監督者なしでダイビングすることができるようになります。

※ 「受けたトレーニングと経験の範囲」とは、コースで使用するダイビングスポットで経験した海況(水面のコンディション、透明度、水温等)や、経験した深度、その日使用した器材(道具)などを指します。

※ 「監督者なしのダイビング」とは、バディと一緒に自己責任でダイビングを楽しむことを指します。

自分の趣味として、自己責任のもと本格的にダイビングを楽しみたいあなたには、PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースがおすすめです。

ダイビングライセンス講習コースが修了すると・・・

1. 自分たちでダイビングの計画を立て、バディ・システムを守りながらダイビングを楽しむことができます。
2. インストラクターなどの引率をつけずにコンディションの良い海でダイビングができます。
3. ダイビング器材の購入やタンク・レンタルなどのサービスを受けることができます。
4. アドベンチャープログラムや各種スペシャルティ・ダイバー・コースに参加できます。

「Cカード取得=ダイバーとしての知識・スキルが身についている」

「Cカード取得=ダイバーとしての知識・スキルが身についている」ということ。 自分自身が納得いくまで、しっかりと講習を受けましょう

PADIの各種ダイビングライセンス講習では、受講されるお客様に「何を、どのぐらい身につけられるか?」を世界共通で定めています。

特に初心者の方のための講習では、安全にダイビングをお楽しみいただけるように…
● 身につけられる基礎知識について「学習目標」を定めています。
● 身につけられる基本スキル(テクニック) について「達成条件」を定めています。

また、講習全体を通じてPADIのインストラクターは…
◆ お客様の準備状態やペースに合わせて進めさせていただきます。
◆ 地域ごとのお役立ち情報も含め、様々なアドバイスをさせていただきます。
◆ 全ての「学習目標」や「達成条件」を満たされたお客様に認定の手続きをさせていただきます。

PADIの推奨

PADIではコースの受講前に「危険の告知書」を読み、署名していただいているほか、ダイビングの前には「PADI安全潜水標準実施要項了解声明書」を確認することを強く推奨しています。

ダイビング中に考えられる危険性、安全にダイビングを楽しむために必要なことが書かれていますので、内容をしっかりと読み、自分の準備がしっかりと整っているかどうか、改めて見直してみましょう。

また、PADIコースに参加される際は、水に入る前までに「病歴/診断書」に記入をして、提出する必要があります。自己診断部分に「yes」がある場合、またはインストラクターから事前に医師の診断を受けるように言われた場合は、必ず医師よりダイビングに適した状態であるかどうかの診断を受け、医師記入欄に記入してもらった病歴/診断書を担当インストラクターに提出し、コースの参加可否の確認を取ってください。