呼吸の練習とクリア

詳しい説明やコツは講習時にレクチャーさせて頂きます。1つ1つのスキル練習をする時にインストラクターが説明をします。デモンストレーション(見本)もしますので、わからないことがあったらいつでも質問してください。

まずは口呼吸の練習から

 まずダイビングの器材のレギュレーター(呼吸器)を使って浅場(足が付く場所)で口呼吸に慣れることから練習していきます。人は鼻呼吸に慣れているので、意外に口呼吸が難しかったりします。レギュレーターは水中で呼吸しやすい構造になっているため、陸や水面で使用すると抵抗があって呼吸し辛いです。リラックスして大きくゆっくり深呼吸を継続できるように練習します。慣れるまではしっかり吐くことに集中してください。しっかり吐けると吸うのが楽になります。
 レギュレーターの正しいくわえ方は口を「あ」と大きく開き、「い」でマウスピースを甘噛みします。強く蝴凾ンすぎるとアゴが疲れたり、マウスピースが切れてしまう可能性があるので力を抜いて甘噛みしましょう。最後に「う」の口で包み込んであげてください。マウスピースを甘噛みしてしっかり「う」の口ができていると水を飲むこともありませんし、レギュレーターが外れることもありません。

呼吸器を使った練習

 口呼吸に慣れてきたら浅場でレギュレータークリアの練習を行います。万が一レギュレーター(呼吸器)が外れてしまった時に対応する練習(レギュレーターリカバリー)や水中でわざとレギュレーターを外してくわえなおし、レギュレーター内の海水を排出(クリア)する練習などを行います。この方法を覚えれることによって水中でレギュレーターが外れてしまっても自身の力で探し出し、レギュレーター内の海水を排出して海水を飲むことなく呼吸を再開することができます。

レギュレーターリカバリー

 呼吸を整えてから自分のタイミングでレギュレーターを外します。ダイビング中は呼吸を止めてはいけません。少しずつ口から息を吐きながら動作をおこないましょう。右手を前に出し、内太もも、お尻、シリンダータンクの底を触ってぐるっと腕を回すとレギュレーターのホースが腕に引っかかります。見つけ出したレギュレーターをくわえなおして落ち着いてクリアをします。

レギュレータークリア

 クリア方法は2つあります。肺の中に空気が残っている場合はレギュレーターをくわえなおして息を強く「プッ!」と吐くとレギュレーター内の海水が簡単に排出されます。肺の中に空気が残っていない場合はレギュレーターをくわえた状態でレギュレーターに付いている強制的に空気を送り込むボタン(パージボタン)を押して対応します。ボタンを押す長さは1秒未満で構いません。1~2回ちょんちょん押すと簡単にレギュレーター内の海水が排出されますので、海水を飲むことなく呼吸を再開することができます。パージボタンによりクリアは少し強めの圧力がかかりますので、舌でブロックすると喉への負荷が軽減されます。

スノーケルクリア

 スノーケルもレギュレーターと同様にマウスピースが付いております。くわえ方は一緒です。クリア方法は息を強く吐く方法でクリアすることができます。スノーケルの場合は筒の先端と弁から排出されます。一回クリアしたからといって完全に抜けるとは限りしませんので、クリア後の呼吸は慎重に(すするように)呼吸して水を飲まないか確認してください。一回のクリアで抜けきらない場合は2~3回と回数を重ねてクリアしましょう。

フリーフロー呼吸

 フリーフローとはレギュレーターから空気が出続けることをいいます。レギュレーターが故障した時にこの現象がおこります。だから万が一レギュレーターが故障しても空気が吸えなくなることはありません。安全のため逆に空気が出続ける状態になります。その時の対応方法としてレギュレーターのマウスピースを半分だけ口でくわえて必要な分がすするように呼吸し(ストローで飲み物を飲むように)いらない分は放出してあげましょう。フリーフローの状態になって無理にくわえていると肺が過膨張障害になる可能性があります。はじめは空気が出続けてびっくりするかもしれませんが、案外楽に呼吸できるのでご安心ください。

気道の確保と浮力の確保

 エントリー、エキジットする前は必ず気道の確保と浮力の確保をする癖を付けましょう。気道の確保とはスノーケリングもしくはレギュレーターで呼吸をします。浮力の確保とはBCDジャケットに空気を入れて足を付かないでも(キックをしないでも)浮く状態のことをいいます。