ライセンス講習で練習する主なダイビングスキル

ダイビング器材のセッティングと片付け

ダイビングライセンス講習 器材のセッティング

 まずはダイビング器材触れて自分の力で器材のセッティングをする練習と片付けをする練習を行います。1つずつ説明をしながら行いますのでわからないことをその都度聞いてくださいね。

呼吸の練習とクリア

ダイビングライセンス講習 呼吸の練習

 レギュレーター(呼吸器)の使い方を練習します。ダイビング中は基本的に口呼吸です。普段は無意識で鼻呼吸の生活に慣れています。初めはしっかり意識をして口呼吸に慣れるように練習していきましょう。
 浅場で正しい呼吸方法やレギュレーター(呼吸器)が外れてしまった時の対応方法、レギュレータのクリア方法を練習します。

マスククリアの練習

ダイビングライセンス講習 マスククリア

 マスクは完全防水ではありませんでのマスクの中に水が入ることもあります。原因としては装着時にマスクのシリコンがねじれている、マスクの中に髪の毛が束なって入っている、マスクの鼻ポケットの位置がズレていることが考えられます。装着時にしっかり確認しましょう。
 正しく装着していても鼻呼吸をしたり笑ったりして顔の筋肉を動かすことによってもマスクがズレて水が入ることがあります。
 万が一マスクの中に水が入ってきても水中で簡単に抜くことができます。浅場でしっかり練習しましょう。

エントリーと潜行の練習

ダイビングライセンス講習 エントリーと潜行

 その時の環境に適したエントリーや潜行の練習します。エントリーする前は必ず浮力の確保と気道の確保が大切です。水中に入る時は圧平衡(耳抜き)をしながら潜行していきます。潜行の姿勢や圧平衡のタイミングなどのコツは当日詳しく説明します。

エアがなくなった時の対応方法

ダイビングライセンス講習 エアが少なくなった時の対応方法

 自分のエアがなくなってしまった時にスムーズにバディ(相方)からエアをもらう予備の空気源(バックアップ空気源)の練習をします。万が一の時に備え、近くにバディがいないことを想定した対応する練習も行います(緊急スイミングアセント)大切なスキルなのでしっかり練習しましょう(^-^)

安全管理の練習

ダイビングライセンス講習 安全管理

 ダイビングで一番大切な安全管理は残圧の確認(エアの管理)です。エアがなくなってしまうと上記のような対応が必要となります。ですが、エアをしっかり管理しているとエアがなくなる前に安全に浮上することができます。何も難しいことはありません。ただ残圧計をこまめに確認するだけで安全にダイビングを楽しめます。

中性浮力と泳ぐ練習

ダイビングライセンス講習 中性浮力

 ダイビングの一番大切なスキル、一番難しいスキルが中性浮力です。中性浮力とは宇宙空間にいるような無重力状態のことをいいます。水中で水面に上がらない、水底にも沈まない状態で浮く練習をします。中性浮力で泳げるようになると水の抵抗も受けないのでダイビングがより快適に楽しめるようになっていきます。水中環境にダメージも与えることもなくなるので水中マナーのある立派なダイバーになれます。

バディ潜水とトラブルの対応方法

ダイビングライセンス講習 トラブル対応

 足が吊った時の対応方法やバディが疲れて泳げなくなった時の対応方法、器材の脱着やウエイトベルトの脱着など万が一の時に備えてトラブル対応の練習をします。

浮上とエキジットの練習

ダイビングライセンス講習 浮上とエキジット

 その時の環境に適した浮上やエキジット方法を練習します。水中から陸に上がる時は器材の重さが加わるため1つ1つの動作を慎重に行いましょう。

ナビゲーション

ダイビングライセンス講習 ナビゲーション

 コンパスを使ってナビゲーションの練習を行います。いきなり海で行うのは難しいので陸でコンパスの使い方を練習をしてから行います。


滞在日数に余裕のある方は

 沖縄での滞在日数に余裕のある方はライセンス取得の翌日から遊びのダイビングに参加したり、次のライセンスへステップアップできるコースに参加することができます(^^♪ご希望の方はお申込み時にお伝えください。

沖縄でダイビングを楽しもう♪