エマージェンシー・ファースト・レスポンス(EFR)コース

エマージェンシー・ファースト・レスポンスコース

日常での緊急時における救急法を身につける

沖縄ダイビングライセンス EFR講習

身近な親しい人が突然倒れたり、交通事故などに遭った場合、あなたならどうしますか? 救急車が到着するまでの時間にいかに適切な処置を施すことができるかで、患者のその後の状況は大きく変わってきます。大切な人を守るために、いざというときに備えて、適切な処置の仕方を身につけておきたいものです。

エマージェンシー・ファースト・レスポンスは、心停止など生命にかかわる緊急時のケア(一次ケア)と、即座に生命にかかわらないケガや病気のケア(二次ケア)について学ぶプログラムです。

知識やスキルを身につけるだけでなく、現実的なシナリオ練習を通して、日常での緊急時における実践的な対処法を学びます。

EFRは最新の医学的基盤に基づいた信頼性の高いプログラムで、世界中のさまざまな機関から承認されています。(出典:PADI)

各コースの内容

「一次ケア二次ケア」コース

「一次ケア」では、主にCPR(心肺蘇生法)を中心にコースが展開され、「二次ケア」で、ケガや病気の対応であるファーストエイド(応急手当)を学びます。 ※レスキューダイバーコースを受講されるダイバーは、前条件として最低でもこのコース受講が必要となります。

「子供のためのケア」コース

「一次ケア二次ケア」コースの内容を踏まえたうえで、小児と乳児特有の違いを中心にコースが展開されます。

「CPR&AED」コース

「一次ケア」と「子供のためのケア」を踏まえたうえで、AED(自動体外式除細動器)をどのように使用するかを中心にコースが実施されます。

予約から講習の流れ

自宅で学習

ご予約確定後、教材を着払いで発送致します。OWDAOWのテキストと比べると、薄いテキストなので数時間で読めると思います。

当日のスケジュール(0.5日)

事前学習して頂いた課題についての質疑応答を行います。必要な知識が身についているから確認・補足を行います。お気軽になんでも聞いて下さい。

上記のコースを、DVDを見つつ、人形を使って心臓マッサージや人口呼吸などを実践し、最後に学科テストを行い終了です。

実技の主な内容は以下になります。

  • 現場の評価PADI EFR ダイビングスクール
  • バリアの使用
  • 一次評価
  • CPR(心肺蘇生法)
  • 気道閉塞で意識がある/ない成人への対応
  • ひどい出血の管理
  • ショックの管理
  • 背骨の傷害の管理
  • ケガの評価
  • 病気の評価
  • 包帯の使用方法
  • 骨折や脱臼のときのための副木の使用方法
 

学科テストに合格で、EFR認定です!おめでとうございます!数日後にCカードの中で唯一ハートが入ったカードが手元に届きますよ。

沖縄ダイビングライセンス EFRのCカード

 
【参加条件】
  • どなたでも参加できます(ノンダイバーでもOK)
【講習料金】
通常価格 25000円
リピーター様 18000円
【お得な特典】
  • 2名様以上でのご予約グループ貸切♪
【当日必要なもの】
  • 教材と書類一式
  • ライセンス申請用の証明写真2枚【たて4.0cmよこ3.0cm】
【料金に含まれているもの】
  • EFRコース講習料
  • 教材費
  • ライセンス申請料
  • 教材の配達送料
  • 那覇市内宿泊先送迎