座間味島の唐馬2でダイビング!

ダイビング雑誌やテレビでも紹介されたことも

座間味島 唐馬NO.2 デバスズメダイ 唐馬浜のメインといえばこのサンゴです。デバスズメダイの群れが出たり入ったりしてとても綺麗で癒されます(^^♪ダイビング雑誌に掲載されたりテレビでも紹介されたこともある名物ポイントです。サンゴの中にはオトヒメエビやハダカハオコゼもいたりします。

水族館でみたことあるかも

唐馬 チンアナゴ 唐馬2の見頃の1つでもあるチンアナゴゾーンです!見えるかな?このエリアにだけ無数に群れています。近づきすぎると隠れちゃうのでガイドの指示通りぎりぎりの所で観察して下さい(^-^)

ズームしてみよう!

唐馬 チンアナゴ ガーデンイール カメラをズームするとこんなかんじです。

クマノミもいます♪

唐馬 カクレクマノミ ニモで人気になったカクレクマノミもいます♪この写真なんか怒ってますね(笑)

砂地を横切る魚の群れ

唐馬 グルクン 無数のグルクンなどの群れが砂地を横切る光景はとても綺麗で感動します(*^^*) 写真の根にはスカシテンジクダイやキンメモドキが無数に群れることもあります♪このポイントでは稀ですが、ウミガメが横切ることも!

お友達を発見!

唐馬 ナンヨウハギ ドリー ニモ(カクレクマノミ)の友達のドリーちゃん(ナンヨウハギ)!小さいデバスズメダイの群れやフタスジリュウグウスズメダイに紛れています。

離れ根には

唐馬 ハダカハオコゼ 私が個人的に好きなハダカハオコゼです♪ゆるいかんじで可愛い(*^▽^*)稀に移動することもあるのですが、泳ぎ方?がめっちゃ可愛いです♪パタン、パタンと倒れながらゆっくりと移動します。離れ根のサンゴによく隠れています。その年や時期にもよりますが、白・黄色・薄いピンクを発見したことがあります。

この周辺のみ

唐馬 アトヒキクロオビテンジクダイ ハダカハオコゼがいる根にいるアトヒキクロオビテンジクダイ。慶良間ではこの周辺でしか会えないレア生物です!ですが、少し地味(笑)でもレアですよ(笑)名前の通りお腹のとこに黒帯があります。この根にはデバスズメダイの群れやスカシテンジクダイの群れ、ユカタハタやイソギンチャクエビ、オトヒメエビ、ミナミハコフグの幼魚など写真好きには最高の被写体がいっぱい隠れています。

出たり入ったり

唐馬 ジョーフィッシュ
 カメラ派ダイバーには人気者のジョーフィッシュさん!辛抱強くじっとしてる日や出たり入ったり臆病な時もあり、ここのジョーさんは気まぐれさん(笑)

イソギンチャクには

唐馬 イソギンチャクカクレエビ このポイントのカクレクマノミがいるイソギンチャクにはイソギンチャクカクレエビも付いてます。じっくり観察してみよう♪

【環境について】
  • 冬場のダイビングポイント
  • 北風に強く穏やか
  • 水深はなだらか 平均12~5m程
  • 平均透明度25m~
【お勧めライセンス講習】